伝統的な神前式

古い歴史を持つ挙式のスタイルの特徴

伝統を受け継いだ国内の挙式形式を経験できる神前式は、古くは室町時代に遡る歴史のあるスタイルです。緊張感がみなぎる厳かなムードが魅惑的です。従って、親や親族等に受け入れられ易いことも持ち味になるでしょう。 また、和装を楽しむことができます。白無垢や打掛のみならず、袴姿など神前式では、和装を堪能できます。単に和装を体感できるだけでなく、神社という場所ではなお一層和装が映えて、魅力あるように魅せます。 さらに、新郎に存在感を発揮する場があります。神前式では通常、誓詞奏上と言われているセレモニーが実施されます。こちらのセレモニーでは神前にて、結婚の誓いを述べることから、新郎に存在感を発揮してもらいたいと考えている方や、新郎の頼りになる姿を目にしたいと希望される人に薦めです。

神前式が人気を博している要因

神前式は、日本の由緒のある挙式を実施できることが人気を博している要因です。さらに、式では親や懇意にしている親族、仲の良い仲間等に囲まれ、相対的に少ない人数で行われます。親は新郎新婦の後ろで二人を見守るので、厳粛なムードの中にも家族的な印象を感じることができることも素敵な所です。 神前式は厳かという印象が非常に強いですが、実際のところは式で実施される儀式は要望に合わせて省いたり、プラスしたりすることができます。 また式を終了した後も、子が誕生した場合のお宮参り又は七五三それから、家族での初詣などを、会場に選択した神社で実行出来ます。その結果、新郎新婦並びに家族の節目に非常に重要な場所になると言えます。

太平洋側に面し、豊富な海の幸や松坂牛など、豪華なメニューでゲストをおもてなしすることのできる三重県の結婚式場。おしゃれなゲストハウスや専門式場が多くあり、自然豊かな土地でロケーションも抜群です。