人気が高いキリスト教式

キリスト教徒ではない人が選ぶことも多い

結婚式には神前式や人前式、仏前式など様々な種類がありますが、日本で特に多く行われているのがキリスト教式です。日本で信仰されている宗教は仏教が圧倒的に多く、キリスト教徒はあまり多くありません。しかし、キリスト教徒ではない人がキリスト教式の結婚式を選ぶことは少なくありません。ウェディングドレスに合うのがその理由の一つとされています。本物の教会ではなく、ホテルや結婚式場に付設された「教会風」の建物を用いて行われることが多いです。新郎の入場後に新婦が父親と共に入場し、賛美歌の斉唱と誓約、指輪の交換を経て結婚の成立を宣言するというのがキリスト教式の定番の流れです。退場の際にはライスシャワーやフラワーシャワーで祝福されることが多いです。

キリスト教徒が行う結婚式

当然のことながらキリスト教徒が本物の教会で結婚式を行うこともあります。教派によって様式には違いがあり、結婚はカトリック教会では「秘跡」、正教会では「機密」の一つとされています。なお、日本のカトリック教会では、新郎新婦のどちらかあるいは両者がカトリック教徒でなくても、結婚講座に出席することにより結婚式を行える場合があります。一方正教会の場合、新郎新婦の両方が洗礼を受けた信徒でなければ結婚式は行えません。ただし、信徒ではない親戚や知人が参列することは問題ありません。また、正教会の結婚式には戴冠礼儀があるのが特徴です。ちなみに教会や聖堂で行う結婚式の場合、招待された人だけではなく通りすがりの人が参列し結婚を祝福することもあります。